「2015年8月」の記事一覧(2 / 2ページ)

真田幸村の家紋(六文銭と結び雁金)形と意味

六文銭扇子

真田家の菩提寺、長国寺霊屋には真田幸村・真田氏の家紋で有名な六文銭・結び雁金があしらわれていました。写真を見て分かりますか?真田幸村・真田氏の家紋である六文銭・結び雁金の形・意味についてご紹介。

真田幸村辞世の句、最期の言葉といわれています

IMG_1936

真田幸村の名言というか言葉として好きなのはこれです。辞世の句,最期の言葉とも紹介されることもある「さだめなき浮世にて候へ者、一日先は知らざる事、我々事などは浮世にあるものとは、おぼしめし候まじく候」その意味は。

真田幸村の子孫たちのその後

真田幸村 家紋

大坂夏の陣の真田幸村。慶長20年(1615)5月7日、徳川家康本陣に突撃をしかけるも、果たせず討死しました。そんな真田幸村もかわいい子供たちがいます。その子孫たちは真田幸村の死後どうなったのでしょう?

真田幸村の名言

40edccef6770c6cf98648ca7b3abc5a2_s

真田幸村の名言と言うとなんとなく悲哀を感じてしまいます。好きな名言はいくつかあるのですがここでは二つほど紹介したいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ