春日山城跡7 直江屋敷から虎口・空堀・上杉少弼入道宅

前回は春日山城の本丸・天守台・大井戸をご紹介しました。今回は下へ降りてきます。直江屋敷から虎口を経て空堀・上杉少弼入道宅跡までです。

さて大体冒頭に春日山城の絵図を載せていますがですが、今回はこちらを。林泉寺の看板に書かれていた春日山城の絵図です。直江屋敷や空堀のあたりの描写が林泉寺のものが一番分かりやすい気がしました。

春日山城 絵図 林泉寺版

(画像はクリックで拡大します)
(春日山城の一覧はこちらです)

 

直江屋敷

お花畑をおりたところが直江屋敷になります。直江山城守宅跡の杭があります。

直江山城守宅跡

 

こちらは直江屋敷の看板です。直江屋敷の直江家はNHKの大河ドラマ天地人でも有名な、上杉景勝の家老直江兼続の直江家です。

春日山城 直江屋敷看板

 

直江屋敷の特徴的なのは看板にありますが上下三段の郭が作られているというところです。
直江屋敷、なんとなく下がっているのが分かるかと思います。なお一番最初の画像の直江屋敷は一番上の郭ですがそこから撮っています。

春日山城 直江屋敷

 

その直江屋敷を反対側から。

春日山城 直江屋敷 逆側

 

虎口

直江屋敷の階段を下ると虎口になります。今回は上から降りてきましたが、春日山神社から上がってくるとよく分かると思います。看板にありますが食い違いですね。

春日山城 虎口看板

 

その虎口です。

春日山城 虎口

 

春日山神社から登ってきた場合の虎口付近の見え方。右の階段を登ると直江屋敷へ。左へ進むと帯郭から二の丸へ行きます。

春日山城 虎口と二の丸の分岐

 

上の分岐点、どちらへ進むかはお好み次第。ただ左へ進んでもらうことをおすすめします。綺麗な帯郭を見てください。そして、二の丸を見て三の丸を見ていったん下へ降りて、急な階段を再度登ってきてください。おすすめです。

春日山城 帯郭 虎口方面から

 

 

空堀・搦め手

虎口のすぐそばには空堀と書いた看板があります。ここは搦め手と呼ばれる場所だそうですが、春日山神社から道が通じており普段は橋がかかっていたそうです。

春日山城 空堀

 

空堀から視線を上へあげるとこうした景色になります。右奥をよく見て下さい。搦め手と書かれた白い杭がささっています。あちらの方へ向かって橋がかかっていたのでしょう。

春日山城 搦め手

 

その空堀を少し下がった所から見たところです。空堀になっているのがよく分かります。左上付近に先ほどの白杭がささっています。

春日山城 空堀 搦め手

 

上杉少弼入道宅跡

空堀付近を歩いていると「上杉少弼入道宅跡」と言う場所がありました。上杉少弼入道とは誰なのでしょうか?上杉謙信?でもそのわりには日当たりも悪いし、広くもありません。上杉景勝や上杉景虎、直江兼続と比べたらいい場所ではありません。案内もなく上杉少弼入道が誰なのか謎です。

春日山城上杉少弼入道宅跡

 

春日山城の散策もそろそろ終盤です。最後は千貫門から春日山神社になります。

次へつづく。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ