高田城跡めぐり(1)縄張と堀と紅葉

春日山城に来た際に宿泊したのが、高田駅近辺のホテルでした。春日山城のついでに高田城跡(高田公園)にも来ました(高田城は真田幸村(信繁)とは別に関係ありません)。

高田城は徳川家康の6男、松平忠輝の居城として1614年(慶長19年)に築城されています。早朝ホテルから散歩がてら程度にと思っていましたが、高田城は予想以上に素晴らしかったです。30分くらいと思っていたのが、結局高田城には1時間滞在していました。

高田城 外堀0

(画像はクリックで拡大します)

 

高田城跡の良かった点は

  • 縄張がよく残っている
  • 堀が広い
  • 内堀と外堀がよく残っている

と言う点です(なお、三重櫓も復元されています)。

 

高田城の縄張り

現在の高田公園へのアクセスです。ホテルから歩いて10分くらいだったと思います。近かったです。

上越市高田城三重櫓
〒943-0835 新潟県上越市本城町6−1

 

そして高田公園にあった松平光長公時代の高田城絵図です。上の地図と比較するとよく分かりますが、絵図でいう右側はあまり残っていません。しかし西堀・大手掘・南掘・内堀は雰囲気があります。左下の丸いところが現在野球場になっているのが面白いです。

高田城絵図 縄張り図

 

パンフレットの地図です。

高田城 パンフレット

 

高田城外堀

ホテルから歩いてきて最初に見えたのがこれでした。堀がこんなに広いとは思っていなかったので驚きました。上の地図の北堀です。高田城に石垣はありませんが、さすがは徳川家康の6男、松平忠輝の居城です。

高田城 外堀

 

西堀です。赤い橋のようなものが西堀橋です。水面に浮いているのは何かと思ったら蓮なんだそうです。

高田城 外堀と紅葉

 

高田城へ来た11月7日はすこし紅葉になりかけでした。綺麗でした(野球場方面へ向かっています)。

高田城 外堀 紅葉

 

高田公園へ入る道のところで野球場を。丸いのが分かるかと思いましたが、このへんからでは分かりませんでした。

高田公園 野球場

 

内堀

高田公園内へ入っていきます。噴水広場のあたりです。

高田公園入口

 

これを過ぎるとすぐに内堀でした。

高田城 内堀

高田城 内堀2

 

外堀に比べたら狭いですが、けっこうな大きさの内堀です。

高田城内堀3

 

内堀沿いに見えるのが復元された三重櫓です。

高田城三重櫓と内堀

 

極楽橋

二の丸から本丸へ入る極楽橋。

高田城極楽橋

 

現在の極楽橋は復元されたものです。高田城は看板が充実しているのでよかったです。

高田城極楽橋看板

 

極楽橋から本丸へ入ります。

高田城入口

高田城2へつづく。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ