九度山町 真田家ゆかりの観光スポット 

高野山観光の翌日(平成27年12月)、九度山観光へ行きました。真田家にゆかりのある観光スポットを見てきました。

九度山と名前はよく聞きますが、真田家にゆかりのある観光スポットは多くはありません。ただ九度山町は真田昌幸最期の地です。また真田幸村(信繁)はここから大坂城へ向かいました。感慨深いものがある地です。

九度山駅ホーム

 

九度山町と真田家(昌幸・真田幸村(信繁))

1600年の関ヶ原合戦後、真田昌幸・幸村(信繁)父子は高野山(蓮華定院)に徳川家康から蟄居を命じられました。(蓮華定院の様子については⇒「蓮華定院(高野山)真田昌幸・幸村蟄居の寺」

蓮華定院 真田家家紋

上の画像が最初に蟄居生活を送っていた高野山の蓮華定院です。しかし高野山は寒さも厳しく女人禁制です。いろんな面で不都合があったのでしょう。その後、高野山から高野山の麓である九度山町へ移ることが許され九度山で蟄居生活を送ることになりました。

その後、真田昌幸は1611年に亡くなります。一方真田幸村(信繁)は、豊臣家の要請を受け大坂城へ入場するため九度山をひそかに抜け出すまでの14年間、九度山にて蟄居生活を送ることになりました。

真田家とゆかりのあるのが九度山町です。

 

九度山の地図、アクセス

九度山町は高野山より北側です。南海電車で高野山から行きましたが極楽橋駅からは鈍行で40分ほどでした。帰りは新大阪まで行きましたが1時間半くらいかかりました。

 

下は「そば処幸村庵」にあった「招福庵」の案内地図です。九度山の真田家関連の場所がすっきりと書いてあり分かりやすいです(自分が行ったところは全部のっています)。

九度山真田幸村観光地図

 

九度山町の真田家に関係する観光スポットと所要時間

九度山町で真田家に関連する観光スポットはほんの一部です。九度山でやったことと言えば次です(それぞれの詳細は後日)。

九度山駅を眺めた
そば処幸村庵で蕎麦を食べた
真田庵(善名称院、真田昌幸、幸村の屋敷跡に建つ寺)で真田昌幸の墓を見た
招福庵で土産を買った
真田古墳を眺めた

(平成28年3月には真田ミュージアムもできるようですが行ったときには建設中でした)

ということで、あまり大したことはしていません。なので九度山観光の所要時間も大してかかりませんでした。1時間半ほどで九度山駅に戻ってきています。

これだけやれば十分だと思います。

 

その他の観光

私も今回は真田家に関連のあるところにしか行きませんでした。下の地図は、九度山町のサイトの観光地図「九度山まちなかマップ」です(クリックすると拡大します)。散策するときに事前に印刷して持って行きました。
https://www.kudoyama-kanko.jp/download/index.html

真田家以外にもいろいろと観光スポットがあります。世界遺産の慈尊院は見たいと思いました。その他にも勝利寺、松山常次郎記念館、旧萱野家(大石順教尼の記念館)なども時間をつぶせるかもしれません。

九度山まちなか観光マップ

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ