松代城(海津城)の感想②

真田幸村(信繁)の兄、真田信之の居城であった松代城(旧海津城)。松代城跡の観光の続きです。前編は「松代城跡 見どころなど散策の様子①」をどうぞ。

まずは、松代城の縄張り図を(松代城のイメージ図、ジオラマは「松代城跡 見どころなど散策の様子①」にあります)。

松代城 縄張図 書籍より

 

松代城跡 本丸外

前回は縄張り図で言えば松代城の北側、「北不明門と石垣、土塁」まで来ました。写真だとこんな感じです。奥の建物が北不明門です。

松代城跡 北不明門と石垣、土塁

 

ひきつづき西側へ回っていきます。綺麗な土塁が続きます。奥に見えるのが管理棟です。

松代城跡 西側土塁

 

そしてこちらが管理等の内側ですが水堀となります(石垣しか見えていませんが水掘りです)。石垣の向こうは本丸です。一番下のグーグルマップを見てもらえると現在どうなっているのかよく分かります。

松代城跡 南側石垣

 

これが少し進んだところ。右側にチラッと見えるのが表門です。

松代城跡 南西石垣

 

そして一周戻ってきました。太鼓門前橋を渡って中へ入ります。手前の小さい門が表門(橋詰門)、奥が太鼓門です。

松代城跡 太鼓門

 

表門をくぐったところから太鼓門。

松代城跡 太鼓門

 

松代城跡 本丸内部

太鼓門をくぐった先は本丸ですが写真のとおりそんなに広くありません。奥の建物が太鼓門です。本丸には本丸御殿がありました。なお、この景色をみているのは城の北西にある戌亥隅櫓(いぬいすみやぐら)台から見ています。

松代城跡 本丸御殿跡

 

戌亥隅櫓(いぬいすみやぐら)台は階段で上がれるようになっています。

松代城跡 北西石垣上から

 

松代城で一番いいのが、この戌亥隅櫓(いぬいすみやぐら)の下の石垣です。特別大きいわけではないですが素朴でいいです。

松代城跡 北西石垣

 

現地の案内によると松代城内で最も古い近世初頭の石垣だそうです。修理工事では当時と同じ工法で積み直したと書いてありました。

松代城跡 石垣案内

 

再び本丸外

本丸は以上で終わりです。ひきつづき、あと残っていたのが東不明門です。こちらも復元ですが昔は北不明門のようなもんがあったのでしょう。

松代城跡 東不明門跡

 

案内によると東不明門も櫓門だったらしいです。

松代城跡 東不明門 案内

 

最初に寄った二の丸西側、石場門横の土塁。上に上がることができるので最後にあがりました。

松代城跡 二の丸と石場門

 

眺めはこんな感じです。緑のキレイなところが二の丸です。

松代城跡 二の丸御殿跡

 

松代城のイメージ図(イメージ図は松代城跡 見どころなど散策の様子①)には土蔵が立っていました。ただ土蔵の前は二の丸御殿がたっていました(二の丸御殿には藩主の兄弟がすんでいたと言われているそうです)。

松代城跡 二の丸御殿跡 案内

 

松代城 散策の所要時間

以上で松代城跡の散策は終了です。

松代城跡は松代の中では最大の観光場所だと思います。しっかりと1周散策しましたが、所要時間は約50分でした(12時25分に入ってから13時12分に出ました)。

さほど大きな城ではないので短時間で十分楽しめると思います。

 

このあとは真田邸(真田邸 松代散策おすすめの観光スポットです)へ行きました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ