峠の釜めし・真田家グッズなど松代土産

川中島の戦い 上杉謙信武田信玄銅像アップ

(画像はクリックで拡大します)

松代土産の話の前に、上田城の土産のことを。2015年の9月に上田市観光会館、ゆきむら夢工房両方行きましたが、そこで何を土産に買ったか?は下の記事で詳しく紹介しています。

上田市、上田城、真田幸村のお土産のことは、上田城のお土産を買うならもしくはゆきむら夢工房でお土産やパンフレットを。の記事をご覧ください。

こちらで少し紹介すると、真田家グッズや上田城に関する土産をたくさん売っています。例えばゆきむら夢工房ではこんなものが売っています(ノートの詳細は、ゆきむら夢工房の記事を)。

上田城ノート

 

さて話は松代に戻ります。松代は上田から1時間くらいでした。松代も真田幸村(信繁)の兄、真田信之が上田から移封されているので真田家ゆかりの地ではあります。しかし真田家関係のお土産の数は上田市よりも少ないです(特に真田幸村)。

長野松代の観光は川中島古戦場(八幡原史跡公園)で武田信玄と上杉謙信の銅像をみたあとで最後に土産を買って帰りました。長野松代で買った土産をご紹介します。

 

松代で真田家グッズの土産を買った場所

その前に土産を買った場所。真田家グッズを買ったのは真田宝物館です。真田宝物館の受付の横でいろいろと真田家関連のお土産グッズを売っているので真田宝物館で買いました。

なお、今回宿泊した信州松代ロイヤルホテル(「松代、善光寺観光によかったホテル【信州松代ロイヤルホテル】」)の宿泊プランに「六文銭食べ歩きチケット」というのがついていました。店に行って六文銭シールを渡すと商品がもらえるというものですが、時間がないので1枚も使っていません。松代物産館とか土産を売っていそうなところもありますが、寄っていないので真田家関係のグッズを売っているのか分かりません。

信州松代六文銭食べ歩きチケット

 

信州松代ロイヤルホテルの宿泊プランには松代温泉の素もついていたのでこれも土産になりました。

入浴剤 松代温泉の湯

 

六文銭と真田信之花押のハンドタオル

さて今回、真田宝物館で買ったものが六文銭と真田信之花押のハンドタオルです。今回松代で買った真田家関係の土産はこれだけです。500円です。

六文銭 真田信之 花押ハンドタオル

 

うれしいのは買った商品を入れてくれる袋がなかなかしっかりしていることです。青と赤があるようです。商品を買ったとき入れてくれたのは青い方だったと思います。

赤いのは、カバンを持たずにパンフレットを手に持って歩いていたら、どこかの武家屋敷(たしか旧樋口家住宅だったと思うのですがよく覚えていません)で、「これに入れて下さい」とくれました。

真田宝物館 袋

 

峠の釜めし

川中島古戦場を見た後、家に帰ったのですが、帰り道の上信越自動車道長野インターとの間に、「おぎのや長野店」というのがありました。行く予定はなかったのですが、土産が売っている雰囲気があったので時間もあったし寄ってみました。

そこで買ったのが峠の釜めしです。峠の釜めしと言えば有名な駅弁で駅でしか売っていないものとばかり思っていました。パッケージにも信越本線横川駅と書いてあります。でも峠の釜めしを作っている「おぎのや」のお店だったので売っていたのです。1000円です。

峠の釜めし 包装

 

家に帰ってから食べました。美味しかったです。次来たときはホテルの夜食用に買ってもいいかなと思いました。容器は使っていませんが一応とってあります。

峠の釜めし 中身

 

峠の釜めし以外に買ったのが、蕎麦(800円)、信州限定巨峰のジャンボポッキー(1000円)です。残念ながら蕎麦は美味しくなかったです。

 

おぎのや長野店の場所

最後に、おぎのや長野店のアクセス地図。お店の場所は松代からもすぐそばなので、松代に観光に来たとき峠の釜めしを購入するためだけに来てもいいかもしれません。なお、インターのそばということもあってか、観光客の人がたくさんいて混んでいました。

おぎのや長野店
〒388-8018 長野県長野市篠ノ井西寺尾 長野県長野市篠ノ井西寺尾赤川2328−2

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ