真田宝物館 松代藩真田家の歴史など分かります

旧横田家住宅(松代藩武家屋敷では旧横田家住宅がおすすめ!)から松代観光の最後に真田宝物館へ来ました。

真田宝物館 玄関

 

真田宝物館の展示品・入館料・開館時間など

真田宝物館は真田氏関係の資料の宝庫です。館内も松代藩の真田家の歴史がよく分かるようになっていました。

真田宝物館のホームページを見てもらうといろいろ分かっていいのですが、たとえば国の重要文化財「青江の大太刀」があるそうです。また真田昌幸所用の「昇梯子の具足」、武田信玄・豊臣秀吉・石田三成・徳川家康など有名な大名の書状もあります。その貴重な資料はおよそ5万点にものぼるそうなのですごい量です。

なお真田宝物館では年4回展示替えをやっているので、何が見れるかは真田宝物館のホームページで確認してみてください。
⇒ http://www.sanadahoumotsukan.com/facilities/facility.php?n=1

 

というわけで真田宝物館にはいろいろと展示されているのですが、料金は安いです。真田宝物館・真田邸・文武学校の3館共通券なら400円、単独でも300円だから安いです。また開館時間は9時から17時まで、ただし火曜日は休館日です。パンフレットをご覧下さい。

真田宝物館パンフレット

 

真田宝物館の所要時間と感想

今回真田宝物館にいた所要時間は約30分ほどでした。展示物は流し見した程度なので見るスピードは速かったと思います。ですので、じっくり見るなら1時間くらいはかかるだろうなと思います。

早めのスピードで見たということもあるし、博物館なので写真を撮ってもいないので具体的にどんなものがあったかは1ヶ月経ち忘れてしまいました。

そんな感じなのですが、まあ松代に来たなら誰もが行くところだろうとは思います。一度見て後悔することはないでしょう。

 

真田宝物館で気に入ったこと

真田宝物館で気に入ったこと。松代城跡のジオラマがありました。このジオラマを一番じっくり見たと言っても過言ではありません。松代城跡を見学した後、真田宝物館へ来てジオラマを見ると松代城跡のことがよく分かっていいと思います。

幸いにしてこちらのジオラマは、真田宝物館の人に聞いたら写真撮影可でした。よく分かるように縄張図を(書籍「松代城ものがたり」(松代文化財ボランティアの会)1ページより)。比較してみて下さい。

真田宝物館 松代城跡 縄張図

 

こちらは松代城跡ジオラマの全体像です。

真田宝物館 松代城跡ジオラマ 全体像

 

松代城跡ジオラマの花の丸付近拡大。ここは今は残っていません(現在残っているの真田邸(真田邸 松代散策おすすめの観光スポット)とは異なります)。

真田宝物館 松代城跡ジオラマ 花の丸

 

松代城跡ジオラマの三日月掘り付近。こちらもありません。

真田宝物館 松代城跡ジオラマ 三日月堀 こちら

 

松代城跡ジオラマの本丸と馬出し。馬出しまで残っていたらすごかったと思います。

真田宝物館 松代城跡ジオラマ 本丸&馬出し

 

真田宝物館の甲冑

松代城跡のジオラマの横に甲冑がありました。赤と黒の二つですが着ることができます。おじいさんが着ようとしていました。

真田宝物館 松代 甲冑

 

真田宝物館のアクセス

真田宝物館へのアクセスは下の地図で確認を。裏が真田邸になっているように真田宝物館はどこへ行くにも近いです。松代城跡もすぐそばです。

真田宝物館
〒381-1231 長野県長野市松代町松代 真田宝物館

 

さらに真田宝物館は、松代観光案内所の隣です。これは松代観光案内所です。

松代観光案内所

 

左側に真田宝物館の入口があります。

松代観光 真田宝物館 入口

 

真田宝物館駐車場

そして目の前に駐車場があります。左が真田宝物館の建物です。

真田宝物館 駐車場

 

以上、真田宝物館を最後に松代の観光は終わりです。ただ、施設に入ることなく歩いてみることができるものがいくつかありますので次はそれをご紹介します。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ