真田邸 松代散策おすすめの観光スポットです

松代 真田邸 庭園その2

松代町をぶらぶら散策するとなると観光スポットはいろいろあります。今回は徒歩で2日間、松代町内をぶらぶらしました。

初日は松代城跡(松代城跡 見どころなど散策の様子①松代城跡の観光②)に続いて真田邸にきました。こちらの真田邸もおすすめです。

 

真田邸へのアクセス

真田邸へのアクセスは下記の地図をご覧ください。松代城跡からは歩いても2,3分でした。車でなく、かえって歩く方がいいかもしれません。 〒381-1231 長野県長野市松代町松代1 真田邸

 

真田邸とは?

真田邸は、元治元年1864年に松代藩9代藩主の真田幸教によって建てられらました。当初は幸教の義母貞松院の住居だったそうですが、やがて隠居した幸教の住居となり明治以降は真田家の私邸として使われたそうです。

こちらが、現地のイメージ図です(画像はクリックで大きくなります)。御殿と表門、7棟の土蔵、往時の姿を残す庭園があります。全体が残っている御殿建築は全国でも数少なく非常に貴重なもので、松代城跡とあわせて国史跡にもなっています。

松代 真田邸 イメージ図

 

そして、真田邸御殿の内部。これは御殿の内部にあった部屋の図です。真田邸の御殿には35もの部屋があるそうです。

松代 真田邸 室内図

 

真田邸の料金、営業時間

入口で券を買います。松代城は無料でしたがこちらは有料です。イメージ図右上の表門が入口になっています。

松代 真田邸入口

 

大人は200円ですが、真田宝物館・真田邸・文武学校の三館共通券が400円で安いので三館共通券にしました。なお、開館時間は午前9時から午後5時です(入場は午後4時半まで)。

松代 真田邸、真田宝物館、文武学校 チケット

 

真田邸御殿

入口を入るとすぐに真田邸御殿の玄関です。靴を脱いで入ります。

松代 真田邸御殿

 

通路を撮りました。たくさん部屋があるから通路も長いです。

松代 真田邸 通路

 

内庭もありました。素朴です。

松代 真田邸内庭

 

そして、たぶんこれが一番いい部屋だと思いますが「御居間」です。主人の私的な部屋です。部屋は質素ですが庭園に面しているのでながめもよく開放感のある部屋です。

松代 真田邸 御居間

 

御居間から眺めた庭園。

松代 真田邸御居間から庭園

 

縁側から見た庭園。

松代 真田邸庭園 立って

 

「こちらの庭園は、座って眺める座視鑑賞庭園です」と書いてありましたので、座っても庭園を見ました。さすがに藩主の庭はキレイです。

松代 真田邸庭園座り

 

真田邸御殿の外

真田邸の御殿をでて庭の方へ回ります。外から見た真田邸の御殿です。

松代 真田邸 外へ

 

こちらは一番土蔵、二番土蔵、三番土蔵です。奥に見えるのが御殿です。

松代 真田邸 土蔵

 

庭の様子。

松代 真田邸 庭園 外から

 

少し歩くと泉水枡と言うものがありました。城下の武家屋敷から新御殿に流れ込む水に含まれる砂などを池の手前で沈殿させる役割を果たしているそうです。

松代 真田邸 泉水枡

 

外はここまで行けます。ご鎮守。真田家は新御殿を家事などの災いから守るためここに稲荷神を祀っていたということです。

松代 真田邸 鎮守

 

最後に、庭園越しの御殿を見て終了です。

松代 庭園から真田邸

 

真田邸の感想

6年前松代町に来たときはこちらの真田邸には来ることができなかったので今回来ることができてよかったです。歴史を感じさせる御殿も気持ちよかったです。雪があったら庭はどういう風に見えるのだろうと思いました。

所要時間は30分ほどですべて見ることができました。

結論。真田邸も楽しめます。おすすめです。さらに今回は人が少なかったので、騒ぐ人もおらずよかったです(こういうところは静かに鑑賞したいものです)。

次は文武学校(「松代町散策 文武学校へ」)へ行きます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ