松代城(海津城の感想)

もともとは武田信玄が築いた城ですが、現在の松代城は現存するものはあまり残っていません。あるものは復元です。平成16年に門等が復元されているようです。2009年(平成21年)に私が行った際は、5年しかたっていないから、まだまだキレイでした。

ですので建造物を求める人にとってはつまらないかもしれません。こちらの写真が復元された太鼓門です。

松代城(海津城)

 

そして2015年再訪しました。こちらのページも残していますが、新しい記事に松代城のイメージ図、縄張り、見所など詳細を残しました。そちらをご覧ください。

⇒ 松代城跡 見どころなど散策の様子その1(主に二の丸の様子です)

⇒ 松代城跡 見どころなど散策の様子その2(主に本丸内の様子です)

 

松代城の歴史

松代城の歴史についてです。

松代城はもともと武田信玄が北信濃攻略の最前線基地として1560年ころに築いたものと言われています。当時は海津城と言われていました。

そして真田幸村の兄真田信之が1622年に上田から松代へ移封された後、真田氏10代にわたり松代城はその居城とされました(ちなみに松代城と名前が変わったのは1711年になります)。

 

松代城の縄張り

松代城縄張り

松代城の縄張りです。以前行った際買った「城下町松代」(松代文化財ボランティアの会 ほおずき書籍)の12ページです。

私の場合、城へ行って一番興味あるのは天守とかではなく縄張りがどうなっているか?です。

昔の縄張りが今どんな感じになっているのか?
当時はどんなふうになっているのか?イメージすると楽しいです。

 

日本100名城26

松代城は日本100名城のNO26です。したのがスタンプです。行った際にはスタンプを押すと楽しいです(私が訪問した際はのざらしで松代城に置いてありましたが、現在は真田宝物館に置いてあるようです)。

松代城の感想ですが私はそれなりに楽しめました。天守や櫓など建造物が残っているかどうかはあまり気にしないからです。それよりもイメージです。

松代城

 

最後に

繰り返しになりますが、新しい記事には松代城のイメージ図、縄張り、見所など詳細を残しました。そちらもご覧ください。

⇒ 松代城跡 見どころなど散策の様子その1(主に二の丸の様子です)

⇒ 松代城跡 見どころなど散策の様子その2(主に本丸内の様子です)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ