善光寺の七味(八幡屋礒五郎)が善光寺土産におすすめ

善光寺の観光(「善光寺観光の感想 鳩字の額も見ました」)が終わったので次の目的です。八幡屋礒五郎の七味を自分用と土産用に買うことです。八幡屋礒五郎の七味唐辛子は自分用にもそうですが、善光寺のお土産におすすめです。

善光寺名物 七味唐辛子 八幡屋礒五郎

 

初めて食べた時感動しました

スーパーで売っている普通の七味唐辛子は変な味がするのであまり好きではなく、もっぱら一味唐辛子でした。でもお土産で八幡屋礒五郎の七味唐辛子をもらったら、その美味しさに感動しました。以後はもっぱら八幡屋礒五郎の七味唐辛子です。

なお、八幡屋礒五郎は「やわたやいそごろう」と読みます。漢字は「八幡屋磯五郎」ではなく「八幡屋礒五郎」です。違いが分かりますか?最近気づいたのですが「」ではなく「」でした。

 

善光寺七名物

善光寺のお土産に八幡屋礒五郎の七味唐辛子をおすすめするのは、美味しいのもそうですが、昔から善光寺七名物の一つでもあるからです。

のちほど紹介する木の入れ物のセットに入っていた案内をちょっと要約すると・・・

「元文元年(1736年)の創業より愛されてきた根元八幡屋礒五郎の「七味唐からし」は、善光寺名物中で最古のものです。御高札前で販売し、卓絶な風味は「善光寺詣りの手形」とまで言われてまいりました」

八幡屋礒五郎 七味唐辛子 案内

 

というわけで歴史と伝統があります。善光寺土産に最適でもあるのです。

ちなみに善光寺七名物というのは次のものです。

  1. 七味唐辛子
  2. 三国一の甘酒
  3. 善海の田楽
  4. 雲切目薬
  5. ねり膏薬
  6. ローソク
  7. 鐘鋳川端のまんじゅう

今はないものもありますが、八幡屋礒五郎の七味唐辛子はいまだに売られているのです。

 

今回買った八幡屋礒五郎の七味唐辛子

今回自分用に買った八幡屋礒五郎の七味唐辛子は次のものです。七味唐辛子(缶14g)と一味唐辛子(缶14g)、詰め替え用(袋7g)、木の入れ物付のセットです。

八幡屋礒五郎 土産

 

七味唐辛子、370円です。缶には善光寺の絵が描かれています。そうした点からも善光寺のお土産に最適ではないでしょうか。

八幡屋礒五郎 七味唐辛子 善光寺

 

一味唐辛子、473円です。七味唐辛子よりちょっと高いです。今回初めて八幡屋礒五郎の一味唐辛子を買ってみました。七味唐辛子より一味唐辛子のほうが辛いと聞いていたので一個しか買いませんでした。でも思ったより辛くなかったのでもう一つ買っておいてもよかったかと後悔です。

八幡屋礒五郎 一味唐辛子

 

木の入れ物の七味唐辛子のセット、980円です。袋をバラしました。お店にはヒョウタンの入れ物も売っていたので、そっちも買っておけばよかったとこれもまた後悔です。

八幡屋礒五郎 七味唐辛子セット

 

根元八幡屋礒五郎本店へのアクセス

八幡屋礒五郎の七味唐辛子は仲見世通りの土産物屋でも売っています。でも善光寺のすぐそばに八幡屋礒五郎の本店はあります。

その八幡屋礒五郎本店へのアクセスです。善光寺大門のバス停のすこし善光寺よりです。バスで善光寺に来る際は前を通る形になります。

八幡屋礒五郎 大門町店
〒380-0871 長野県長野市長野大門町 長野県長野市大門町83

 根元八幡屋礒五郎本店

善光寺 八幡屋磯五郎 本店

 

店内にはいろんな七味が売っていました。自分の好みに調合できるサービスもありました。自分の場合は美味しい味を作れる自信がないので既製品しか買いませんでした。

今回買ったのはトータルで2,604円です。

八幡屋礒五郎 七味レシート

 

レシートの時間見ると16時44分となっています。16時に長野駅でバスの八幡屋礒五郎って善光寺見て八幡屋礒五郎でお土産買ってトータル45分は効率的でした。

このあとは、長野駅前の油やで蕎麦とビールを飲みます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ