真田氏歴史館&真田庵 真田氏の歴史を知る

①御屋敷公園(真田氏館跡)案内図

真田氏館跡(御屋敷公園)を見た後は、隣接する真田氏歴史館へ行きました。

 

真田氏歴史館とは

真田氏歴史館はその名のとおり真田幸隆、真田昌幸、真田信幸、真田幸村など真田一族の歴史を伝える古文書や武具が展示されています。

真田氏歴史館入口

開館時間はパンフレットには午前9時~午後4時と書いてありますが、こちらの看板には午前9時から午後5時(入館は4時半まで)と書かれていました。

入館料は大人200円、子供100円です。

休館日は火曜日なので気をつけましょう。

 

真田氏歴史館の様子

中へ入っていきます。真田氏歴史館の趣のある門をくぐっていくと左には真田庵があります。お休み処です。真田庵は後回しにして真田氏歴史館の入口へ。

真田氏歴史館入口2

 

入館料は200円なので払います。パンフレットをもらえます。

真田氏歴史館パンフレット 真田氏歴史館パンフレット内部

 

また入口にスタンプがあったのでせっかくなので押しました。なんとなく日本100名城っぽいスタンプです。

真田氏歴史館スタンプ

 

中へ入ると真田幸村(信繁)の銅像があります。

真田氏歴史館真田幸村(信繁)公

 

真田氏歴史館で入手しておきたいパンフレット

この銅像の横にはお土産品がいろいろ売っていました。ただここで買ってしまうと荷物になるので買いませんでした。またパンフレットもたくさん置いてあります。私もパンフレットを10種類もらいました。

真田の郷に関するパンフレットはゆきむら夢工房にもたくさんおいてありますが、私のように先にゆきむら夢考房へ行っていない場合にはこちらで入手するのがいいかもしれません。

特に「信州上田 真田氏ゆかりの山城案内」というパンフレットと「真田三代に出会うMAP 信綱寺・横尾・千古の滝コース」と言うパンフレットが非常に役に立ちました。前者は真田本城跡、後者は信綱寺で役に立ちます。

 

真田氏歴史館の展示室

真田氏歴史館の展示室の手前はこんな感じになっています。六文銭が光っています。

真田氏歴史館内部

 

ここから先は展示室なので写真はありません。ワンフロアでそんなに広くはないのでさっと流し見した程度の私は10分もかからず見終わってしまいました。

真田氏本城跡のジオラマがあったのでおもしろかったです。写真に撮りたかったです。

 

真田庵

あまり時間もかからず真田氏歴史館を見終わりましたが、朝から何も食べていなくてちょうど12時半くらいだったのでちょっと何か食べようかと思いました。ということで隣の真田庵へ行きました。

真田庵入口

 

真田庵メニュー

真田庵は11時から14時までの営業となっているようです。メニューはこうなっています。「そばすいとん」「うちいれ」いずれもどういうものかよく分からなかったのですが、そばすいとんにしました。そばすいとん600円です。おはぎはあまり好きではないのでおはぎのセットはやめました。

真田庵メニュー

 

そばすいとん

真田庵の中はこうなっています。私が行ったときは平日なので他のお客さんはいなくのんびりできました。

真田庵室内

 

そばすいとんはこういったものでした。そばでできたすいとんでした。薄味でした。真田庵には20分ほどいて、このあと真田氏本城跡へ向かいました。

真田庵そばすいとん

 

真田氏歴史館・真田庵へのアクセス

真田氏歴史館・真田庵への地図はこちらです。真田氏本城跡へ向かう途中、「元祖真田流手打ちそば佐助」という店が見えたのでちょっと興味をもってしまいました(行きませんでしたが)。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ