砥石・米山城 武田信玄も落とせなかった城

砥石米山城看板

ゆきむら夢工房から別所温泉へ向かったのですが、その途中に砥石・米山城跡(といし・こめやまじょう)がありました。

ゆきむら夢工房からは車で10分ちょっとのような気がします。こんなに近くにあるとは思ってもみなかったので全く予定に入れていませんでした。通り過ぎるのももったいないので、少しだけ寄ってみました。

 

砥石・米山城とは?

砥石・米山城はもともとは村上義清が東信方面の戦略上の拠点として室町時代後期に築いたといわれています。

その砥石・米山城、有名なのが砥石崩れです。武田信玄が1550年に村上義清を攻め「砥石崩れ」という大敗を喫したのです。そんな武田信玄が落とせなかった砥石城も、その翌年、真田幸隆(真田幸村(信繁)の祖父)が調略により城を乗っ取ってしまったのですからすごいです。

その後真田昌幸により上田城が築城されますが、この砥石城は重要な城として、上田合戦時にも登場してきます。第一次上田合戦では真田昌幸の長男信幸が、第二次上田合戦では幸村がこの城を守っていたと言われています。

 

砥石・米山城の案内地図

城の形は「信州上田 真田氏ゆかりの山城案内」の地図を見るとよく分かります。

砥石米山城パンフレット

本城を中心に桝形城と砥石城の3つの城からなっています。そして少し離れた所に米山城があります。
真田本城跡と違い下から歩いて登って行く必要もありさらに城自体も大きいです。見るのは大変そうです。

一番上の看板はこの地図で言うところのGOALと言う部分です。トイレと駐車場もあります。

 

砥石・米山城の登山コース所要時間

横の看板に砥石・米山城の登山コースと所要時間も書いてありました。標高は低そうですが全部見るには結構な覚悟がいりそうです。

砥石米山城登山コース

 

ここの横が駐車場になっていますが、ここから登っていくようです。こちらの駐車場も広かったですが例にもれず誰もいませんでした。平日に来るのは正解です。

砥石米山城入口

 

でも、この看板見ると景色もよさそうです。時間を作って一度来てみたいと思いました。

砥石米山城眺望看板

 

砥石・米山城へのアクセス

砥石・米山城へのアクセスはこちらの地図を。このあと別所温泉へ行きますが、別所温泉にはここから2、30分で着いたような気がします。なおストリートビューで見ると、砥石城入口という案内がぶら下がっています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ