真田山長谷寺 真田昌幸、真田幸隆のお墓があるお寺

長谷寺看板

(画像はすべてクリックすると拡大できます)

真田氏本城跡の次は、真田幸隆公夫妻・真田昌幸公菩提所の「真田山 長谷寺」へ来ました(真田幸村の父が昌幸、祖父が幸隆ですね)。お寺の名前の読み方は「はせでら」ではなく「ちょうこくじ」と読みます。

上の看板には次のようなことが書いてあります。

長谷寺は昔、種月庵と呼ばれていましたが、天文16年(1547年)真田幸隆が晃運和尚を開山として迎え、真田山長谷寺を創建、菩提寺としました。昌幸の代を経て元和8年(1622年)信之が松代へ移封となり、同地へ長国寺を建立したので、現在はその末寺となり今日に及んでいます。

 

今回、長谷寺へ来た目的は真田昌幸、真田幸隆夫妻のお墓へのお参りです。こちらの長谷寺には真田昌幸、真田幸隆夫妻のお墓、そして真田幸村の供養塔(真田幸村のお墓ではなく供養塔です)があるのです。拝観料は無料です。

 

長谷寺の駐車場

お寺の前にはひろい駐車場があります。写真奥が長谷寺の本堂になります。写真に写っていない反対側に綺麗なトイレがあります。

長谷寺 駐車場

 

長谷寺の境内地図

真田昌幸・幸隆の墓、真田幸村の供養塔をお参りする際にはどこにお墓があるのか迷うかもしれません。

真田山長谷寺のホームページ(http://www.chouk.or.jp/)があり、境内のページもありました。下の画像はホームページの境内図です(http://www.chouk.or.jp/keidai/framekeidai.html

長谷寺 境内図

 

本堂の裏手にお墓はあります。こうした地図があると分かりやすいですね。なお、長谷寺の境内の中にも看板が出ているので迷子になることはありませんでした。

 

真田幸隆・昌幸の墓所へ

駐車場の横の階段を上がって山門をくぐります。

長谷寺入口

 

山門をくぐると本堂が見えてきました。六文銭もついています。ここを右側にいくと奥へ通り抜けられるようになっています。

長谷寺 本堂

 

池・庭を見ながら奥を通り過ぎるとこんな感じになっています。一番奥が真田幸隆夫妻・昌幸の墓所です。

真田昌幸、幸隆 墓所遠景

 

墓所の前に看板があります。こちらの看板にはお墓の中央が幸隆公、左が幸隆公夫人、右が昌幸公の墓と書いてあります。

真田幸隆昌幸の墓 看板

 

真田幸隆夫妻・昌幸のお墓です。

真田昌幸、幸隆のお墓

真田昌幸、幸隆墓所

真田昌幸、幸隆の墓

右:真田昌幸

中央:真田幸隆

左:真田幸隆夫人   のお墓です。

 

真田幸村の供養塔

この墓所の左側に真田幸村(信繁)の供養塔があったのですが、新しいので写真は撮らずスルーしてしまいました。今思うと撮っとけばよかったと思います。

こうした感じで長谷寺には15分ほどお参りをして滞在していました。このあとは信綱寺に向かいます。長谷寺訪問時には他には誰もいませんでした。今後どうなるか分かりませんが、お寺ですから騒がないでもらいたいものです。

長谷寺のあとは、真田昌幸の兄であり、長篠の合戦で戦死した真田信綱・昌輝のお墓がある信綱寺へ向かったのですが、その前に古城緑地広場の六文銭のモニュメントがありました。

 

真田山長谷寺へのアクセス・地図

真田山長谷寺へのアクセス・地図はこちらをどうぞ。真田氏本城跡からは5分ほどで着きました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ