諏訪原城(静岡県島田市)後編

諏訪原城前編は二の曲輪中馬出の手前まで、縄張図(パンフレット)もあります。
諏訪原城中編は二の曲輪中馬出から搦手口までです。
まだお読みでなければぜひ見て下さい。

諏訪原城の後編は搦手口を登ってきてからです。

 

内堀

さて、順路に従って歩いて行きます。順路の道は若干綺麗になっています。そしてこの左側ですが堀になっています。パンフレットの内堀と書いてある部分だと思います。

諏訪原城順路

 

その堀ですがこんな感じになっています(ちょっと分かりにくいですね)。順路から下を見下ろしています。

諏訪原城内堀2

 

カンカン井戸~水の手曲輪

ここから先、カンカン井戸までいくつか堀があるのですが、写真だと草むらにしか見えないので割愛します。そしてさらに先を進んでいくとカンカン井戸がでてきます。

諏訪原城カンカン井戸

 

カンカン井戸をのぞきます。落ちないように気をつけてのぞくと・・・
若干積んだ石が見えます。

諏訪原城カンカン井戸のぞく

 

カンカン井戸の反対側のあたりに水の手曲輪があります。看板には順路から90メートルと書いてあるのですが、ごらんのとおりけもの道すらありません。マムシとかに噛まれたら嫌なのでここは行きませんでした。看板から水の手曲輪方面を眺めたところです。

諏訪原城水の手曲輪

 

二の曲輪~二の曲輪馬出

そして次が二の曲輪です。現在は草むらになっています。当時をイメージするしかありません。

諏訪原城二の曲輪2

 

ここから先進んでいくと二の曲輪東内馬出、二の曲輪東馬出、二の曲輪南内馬出になります。これは二の曲輪東内馬出になります。

諏訪原城二の曲輪東内馬出

 

そしてこれがその堀です。

諏訪原城二の曲輪堀

 

二の曲輪大手馬出

最後が二の曲輪大手馬出です。こちらが本来の諏訪原城の入口ですね。ちなみに大手馬出の中に諏訪神社が建っています。右側に見える小屋のようなものが諏訪神社です。左側は堀です。

諏訪原城大手馬出

 

最後に

以上堀と馬出が多かった諏訪原城でした。写真だとなかなか堀の大きさなどは伝わりませんが実際に目で見るとその大きさに圧倒されると思います。なお正味1時間で回れました。

最後に推定復元図を。これをみるとまたイメージがわきます。現地パンレットに掲載されていました。なお出典は学研の「戦国の堅城Ⅱ」からです。

諏訪原城復元図

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ