信濃国分寺 真田昌幸と徳川の会見場となった寺院

信濃国分寺三重塔2

関ヶ原の合戦に際し、真田昌幸・真田幸村は石田光成の西軍に、一方昌幸の長男真田信幸は徳川家康の東軍につくことになりました。親子で双方敵味方に分かれることになったのです。東軍、西軍いずれにつくのか?その話し合いをしたとされるのが犬伏(栃木県)です(その時の絵が犬伏密談図)。

その後関ヶ原の合戦へ進んでいくことになるのですが、敵味方に分かれた親子が再会したのが信濃国分寺でした。

 

信濃国分寺とは?

関ヶ原合戦の直前に起こった第二次上田合戦のとき、信濃国分寺はその舞台に出てきました。

江戸から関ヶ原へ向かい中山道を西上していた徳川秀忠。その途中、秀忠は上田城に籠る真田昌幸をまず手始めに降伏させようとします。その時の手段が会見でした。昌幸が降伏するよう会見の場を設けたのです。

その時の徳川側の使者が真田信幸と本多忠政。そして真田昌幸・徳川の会見が行われた場所が信濃国分寺です。

ちなみにこの時、昌幸は降伏することを受け入れたと見せかけて、実は戦闘の準備をしていました。そしてそのまま第2次上田合戦へ突入です。結局秀忠は上田城を落城させることができないうえに、関ヶ原の合戦に間に合わないという大失態を演じてしまうことになりました。

信濃国分寺には三重塔や本堂、観音堂などあります。どこで昌幸と信幸の会見が行われたのでしょう。分かりません。私はたぶん本堂だと思います。

 

信濃国分寺へのアクセス

信濃国分寺へのアクセスです。上田駅から車で15分ほどになります。国道18号沿いに走っていると信濃国分寺資料館と信濃国分寺跡史跡公園が目立ちます。ただこちらには信濃国分寺はありません。信濃国分寺資料館の駐車場の看板を見ると少し離れたところに信濃国分寺があります(歩いても3分くらいの距離です)。

信濃国分寺跡史跡公園周辺の観光案内図

 

 

地図で確認すると信濃国分寺の場所はこちらです。

信濃国分寺の様子

信濃国分寺の前には駐車場があります。

信濃国分寺駐車場

 

駐車場の向かいに入口があります。ここから入っていきますが拝観料は無料です。ただし、お寺ですから節度ある態度、行動が必要です。

信濃国分寺 入口

 

信濃国分寺の本堂です。真田昌幸と徳川軍についた真田信幸の会見がこの本堂で行われたと思うとすごいなと思います。

信濃国分寺本堂

 

信濃国分寺の本堂を横から。

信濃国分寺本堂2

 

この三重塔も雰囲気があってよいです。国の重要文化財に指定されているそうです。

信濃国分寺三重塔

 

この後の行き先

信濃国分寺を訪れたのは上田城とは別の日です。朝一でこちらへ訪問し、その後真田の郷へ移動しました。真田の郷へは車で15分くらいでつきました。最初は真田氏記念公園です。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ