上田城観光の見どころ紹介①

2016年NHKの大河ドラマ真田丸では上田城もドラマ内で登場してくるでしょう。真田丸のどんな場面で上田城が出てくるのか楽しみです。

ということで、上田城を観光する際の見どころをご紹介します。一見地味な見どころかもしれません。でも、せっかく上田城を観光するなら忘れずに見ておきたいポイントを私が見た順番にご紹介します。

上田城観光のベストショット

 

上田城を観光する場合には、いろいろ面白いところがあります(その前に上田城とは?と思ったらこちらの記事「上田城概略 徳川の大軍を2度打ち破った城」をご覧下さい)。

上田城の観光の見所はたくさんあります。ですのでこの記事だけでなく上田城観光の見どころ②(西櫓下)③(城内)まで見て完璧です。順におって説明してます。

 

上田城へのアクセス

上田城の観光の見所の前に、アクセス方法です。今回は上田駅から上田城へ歩いて向かいました(車の場合には後程出てくる西櫓下の駐車場があったりします)。

上田駅から徒歩で上田城に向かう場合には、上田藩主居館あとを見たあとで上田城へ向かいます(上田藩主居館跡については「上田駅から徒歩で散策 上田藩主居館跡」をご覧ください)。

上田城へのアクセスは上田藩主居館跡からは約5分くらいです。駅からでも10分程度です。近いです。そして上田城に到着してまず見えてくるのがこちら二の丸橋です。両側に石垣があります。こういうのを見ると城へ来たなというのを感じます。

上田城二の丸橋

 

 

上田城の全体像

まず最初に上田城の全体像を理解しておくといいです。

そのために最適なのが縄張り図や下のような地図です。この地図は二ノ丸橋を通過して上田城内へ入ってくると最初に看板が出てきます。上田城内の案内看板ですが結構見やすく分かりやすいです(クリックすると見やすいです)。

上田城案内看板

 

ただ事前に観光案内所などで上田城のパンフレットを持っていた方がより見やすいし面白いと思います。パンフレットについては「上田城、上田市の観光パンフレットの入手場所」をどうぞ。

この看板を見ると分かりますが市民会館の脇を抜けていけば本丸はすぐそこです。でもここはちょっと右側のほうへ向かって陸上競技場のほうをめざしても面白いです。

 

上田城観光の見どころ① 上田城の隅おとし

陸上競技場方面へ向かうとすぐに水掘りが見えてきます。そしてその水掘りの角のところを見てもらいたいです。

上田城隅おとし

角度が悪く分かりにくいのですが、本丸の角の土塁が直角に折れているのではなく丸く内側にカーブしています。これは隅おとしと言い鬼門除けとして切り込んであるそうです。あまりこういうのはないので珍しいです。

なお、水掘りはずっと向こう側まで続いています。

上田城水掘り

 

上田城観光見どころ② 北虎口先の百閒掘りの石樋

上田城の隅おとしを見たら堀に沿って進むのではなくちょっと曲って奥の方へ入っていきます。そうするとすぐに北虎口が出てきます。こちらは復元ですが復元でもいいですね。雰囲気があります。

上田城北虎口

 

そして、北虎口を抜けると陸上競技場なんですが、陸上競技場へはいっていくところの坂に石垣が残っています。そこに石樋があります。今の陸上競技場のあたりは昔は水掘りだったそうで堀に水を流すために必要だったそうです。詳細はこちらの説明文を見て下さい。

上田城百間掘りの樋

 

そしてこれが百閒掘りの石樋です(石樋だけでなく石垣の全体をとっておけばもっと良かったと後悔しています)。

上田城 石樋

 

陸上競技場はこれです。ただこの陸上競技場、百間掘の跡になります。なんとなくその感じが分かると思います。

上田城百間掘跡

 

これを見たらもとの水掘りのほうへもどります。招魂社が途中であります。ちょうど上の陸上競技場の裏あたりで土塁があります。

上田城招魂社

 

そして堀の西側まで来るとこちらにも堀と土塁があります。

上田城堀と土塁西側

 

これは野球場の反対側(花木園の横)の空堀です。

上田城堀

 

こんな感じでぐるっと回ってくると西櫓と西虎口櫓門跡が出てきます。この西櫓と西虎口櫓門跡は現存する建造物です。残念ながら西櫓の中には入れません。

上田城 西櫓と西虎口櫓門あと

 

このまままっすく進んでもいいのですが、ここはいったん西櫓の脇の階段をつたって下へ降りていきます。ここを降りていくのは上田城のなかで一番かっこいい姿が見れるからです。上田城を観光するなら一番忘れないで欲しいポイントです。

つづきは上田城観光の見どころ②(西櫓下)③(城内)をご覧ください。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ