真田幸村(信繁)の出生地は?

真田幸村(信繁)の出生地はどこなのでしょうか?ちょっと考えてみたいと思います。

④御屋敷公園(真田氏館跡)大手門

(上は真田昌幸が上田城を築城するまでの本拠であった真田氏館跡(御屋敷公園)です。結構楽しめました。その様子はこちらを。)

 

いくつも説があります

真田幸村の出生地については詳しいことは分かっていません。こちらの真田幸村(信繁)の誕生日は?出生の謎でも書いたのですが、真田幸村(信繁)の出生については正確なことが分かっていないのです(いくつか説があります)。出生年についても諸説あるとおり詳しい資料がないのです。

そういう状況ですので出生地についてもいくつか説があってもいいのかなと思います。

そんな中で思うには、真田幸村(信繁)の出生地の可能性として一番高いのは甲斐の国(山梨県)なのではないかと思っています。なぜなら真田幸村(信繁)の父真田昌幸のことから推測されるからです。

 

武田信玄像

 

出生当時の父真田昌幸は、

真田幸村(信繁)の出生当時、父真田昌幸は甲斐の武田信玄の家臣である武藤家を継いでいて武藤喜兵衛と称していました。

ということは、真田昌幸が当時住んでいた場所は信濃ではなく(上の真田氏館跡ではなく)、甲斐の国のほうだった可能性が高いのかなと思います。

 

真田氏本城跡眺め帰り晴れ

 

もちろん真田家の本拠地は今の長野県上田市ですから、上田市である可能性も否定はできません。なお当時の本拠は上田城ではなく真田氏本城跡です(真田氏本城跡の様子はこちらの記事をみてください)。

しかし、真田昌幸が真田家を継ぐのは長篠の合戦で兄の信綱と昌輝が戦死した後になります。

ということでその当時、上田市に居たという可能性は低いのではないかと考えられます。(信綱と昌輝お墓については信綱寺の記事)。そういうこと踏まえると真田幸村(信繁)の出生地は甲斐の国では?と思っています。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ