真田幸村、本名ではありません。本名は別にあります。

大坂の陣で華麗に散ったこともあり真田幸村、人気者です。有名です。私も好きです。そんな真田幸村ですが本名は別にあります。

でも、このサイトは「真田幸村ゆかりの地をめぐる旅」とつけています。

歴史に詳しい人は「真田幸村は正しくない」と言われるかもしれません。ですので一応断っておきます。あえて「真田幸村」と使っています。世間一般的には真田幸村でとおっておりますので有名な方をつかっています。

153619

 

というわけで、違っているとか言わないでくださいね。よろしくお願いします。

本名は?

あえてここで真田幸村が本名ではないということを書かなくてもいいかもしれません。ご存知のかたも多いと思うからです。でも知らない方もいらっしゃるかもしれません。ですので書きます。

真田幸村の本名は別にあります。

正しい本名は信繁といいます。真田信繁です。ちなみに真田幸村は1567年永禄10年に真田昌幸とその正室山之手殿の次男として生まれたのですが、幼名は弁丸といったそうです。

 

なぜ幸村が有名に?

そんな真田信繁ですが、信繁と言う名前がありながらなぜ幸村という方が有名になってしまったのか?ということです。

これですが・・・

①江戸時代に書かれた軍記物「難波戦記」に真田幸村と書かれていた

②難波戦記もとにした講談でも「真田幸村」という名前で演じられた

③真田幸村が大活躍するヒーローだったため、みんなの人気者になってしまった。

④結果、信繁と言う本名よりも幸村という名前のほうが有名になってしまった

というようです。まあ個人的にも信繁よりも幸村という方がかっこいい感じを受けます。

ということでこのサイトも真田信繁でなく真田幸村で行きたいと思います。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ