真田幸村の子孫たちのその後

大坂夏の陣の真田幸村。慶長20年(1615)5月7日、徳川家康本陣に突撃をしかけるも、果たせず討死しました。そんな真田幸村にもかわいい子供たちがいます。では、その子孫たちは真田幸村の死後どうなったのでしょう?

真田幸村の子供には正室竹林院の子供と側室の子供がいますので、それぞれにわけてみてみます。

 

真田幸村 家紋

 

正妻 竹林院の子供

真田大助幸昌(長男)

父である真田幸村と九度山から大坂城に入城し、大坂冬の陣で初陣をかざります。しかし夏の陣では豊臣秀頼らとともに自刃しました。その姿が私の好きな司馬遼太郎の小説「城塞」にも描かれています。なお秀頼とともに大坂城を脱出し薩摩まで逃れたという話もあったりします。

真田大八(片倉久米之介守信)(次男)

伊達政宗の重臣、片倉小十郎重綱のもとに送り届けられ白石城とその城下で育てられました。その後、片倉久米之介守信と名乗り仙台藩士となります。

これが仙台真田氏の初代です。なお真田幸村の血筋であることは秘密にされており、二代目辰信の代より真田姓を名乗るようになりました。

あぐり(四女)

陸奥三春城主蒲生郷喜の妻となります。

菖蒲(六女)

大坂夏の陣の後も京で暮らしていましたが、片倉重綱によって白石に呼び寄せられ、田村定広に嫁ぎました。

かね(七女)

豊臣家の代官でのちに商人になった石川光吉の妻となりました。

 

側室の子供

菊(長女)

母は堀田作兵衛興重の娘。上田で生まれる。伯父の堀田興重に育てられ、石合十蔵重定に嫁ぎました。

市(次女)

母は高梨内記の娘采女。上田で生まれ、父幸村に従い九度山に行くも病死しました。

梅(三女)

母は高梨内記の娘采女。幸村と共に大坂城に入城。落城時、片倉小十郎重綱にとらえられ、のちに後妻となったそうです。美少女だったそうです。

なお(五女)

母は豊臣秀次の娘。大坂城落城時は曾祖母である瑞龍院のもとへ避難していました。その後、出羽亀田藩主の岩城但馬守宜隆の妻となりました。

左馬之助幸信(三男)

母は豊臣秀次の娘。姉なおの嫁ぎ先、岩城氏の許に引き取られ、三好左馬之介幸信と称して三百八十石で召し抱えられました。

 

以上、真田幸村の子孫がどうなったか?です。幸せそうに暮らしている子供たちが多くてよかったです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ